2015.10.13の浅草演芸ホール

7年ぶりかいな、久々に落語鑑賞へ。 

ってえ言っても先月は上野鈴本へ行きましてん。

三遊亭金馬師匠、芸歴75年記念興行でした。 すごいですなぁ、おん年83歳?

年齢なんて全く感じさせない高座でチッとばかし現代風アレンジの「死神」。 オチも

見立てオチでなく、師匠発案なのかな、初耳で「ふ~ん」という感じでした。明るい

芸風でリラックスして聞けます。息子さんの金朝さんも出てました。


そうそう、話がそれたけど演芸ホールに入って「しまった!」。 ってぇのは貸切の

お席があったんす。 以前、マメに通っていた頃は事前に電話して貸切が入ってるか

どうかを確認してたんだっけ。 ま、寄席としては結構な入りで万歳なんでしょうけどぉ

混んでる寄席は好きでない・・・我儘なあたし・・・。

寄席での楽しみの一つに演題、つまり噺のタイトルってんですか、どのくらい分かるか

当てることでして、最近は、聞いたことはあるけどタイトルが出てこないなんてことがざら

なんですわぁ。  この日初めて聞いた噺がありまして、柳家はん治さん演じた「ぼやき

酒屋」 居酒屋の客がかみさんのことを愚痴り、その客の生業も居酒屋だったってぇ筋書

なんだけど、どうも桂三枝さん(改め6代目文枝)の創作落語だそうだ。面白い噺でしたよ。

やっぱ寄席は楽しい~! 





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0


この記事へのトラックバック