寄席の不思議

寄席に入るとプログラムをくれます。大まかな時間と出演者の名前が載ってます。

コンサートのそれのようにどんな噺をするのか演題(タイトル)は書かれていない。

慣れないうちはとまどいましたよ。 聞き終わっても何の話だったの~?って。

舞台にあるめくりにも名前だけが書かれてるだけだし。

これはあれですと。どんな噺を喋るのかは事前に明らかにしなくて良いようで、

最初の演者から何の噺をしたのかをネタ帳というものに記帳されていくんですと。

でもって、次の人はネタがかぶらないようにその日の噺を決めるそうな。

その上でベテランの師匠になるとお客の層とか雰囲気で、見あった噺にするそうです。

そうそう、国立演芸場のHPには演者とタイトル載ってましたっけ。国立だから

「あぁた、これおやんなさい」ってことなんすかね?キャハハッ。

プログラムやめくりはどうなってるのか、一度行ってみたいと思うけれど確か

指定席で事前に買うんじゃなかったかな・・・フラ~ッと出かける寄席って感じ

じゃなさそうだわ~ん。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0


この記事へのトラックバック