本日の噺は「本膳」

自称落語好き、一日に一話は最低聞いている。とは言ってもいわゆる「通」

ではない。お囃子の知識は無いし個々の落語さんの師弟関係にも詳しくないし、

知らない噺の方がたぶん多いだろうし。

この「本膳」も初耳。金馬さんのCDを図書館で探してたら見っけ。

名主の娘の婚礼に呼ばれた、庄屋をはじめとする36人の村人が一の膳から

三の膳まである正式な食事の作法にてんてこ舞いするという筋書き。

作法を知ってる手習いの先生の真似をして凌ごうとするも、 何もかも、

先生が芋を取り損ねたしぐさまで作法と間違えて真似をするのだから

可笑しい、可笑しい。 

金馬さん(50代のころの高座)の明るいお声、喋り方と内容がぴったりでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0


この記事へのトラックバック