巻きを切ったら切られて巻かれ~

何のこっちゃ? 



巻き爪のことなのぉ。

半年くらい前からかしら、足の親指の爪が巻いてきて・・

時を巻き戻して土曜の夜、パッチンパッチンと爪を切った。

巻いてる部分は爪切りを反対に向けて使うと比較的切れる。

ただこの日は小ちゃく爪を残してしまって、寝るころから痛み出す。

フェ~ン、痛くて眠れなかった。どうやらとがめたようで膿んでしまった。

消毒だけして月曜に外科に行った。

「あぁ、巻き爪ね。」なりやすい指の形など説明されて

Dr 「ところであぁたの頭は左巻き?」

「相棒」の水谷豊ばりに 笑み「はい~↑?」

あぁ~嘘、嘘っていうか冗談でございまするよ。

で、爪を大きく斜めに切られ、バンドエイドの親玉か

布のガムテープの子分のようなテープでぐるっと巻かれて

しまいましたとさ。  ( 完 巻き爪の巻 )

今は痛みも無く落ち着いていますんでご心配なく~。




ボランティア活動でチラシ配り

交通安全母の会というボランティアの活動で、朝9時過ぎ

から近くの銀行で交通安全のチラシと景品を配ってきた。

なぜ15日かと言うと年金が振り込みになる日で、大勢の

高齢者が銀行に来るだろうからということなので。

(主に高齢者の方向けで時には振り込め詐欺注意のチラシも
 配る)

本日配ったのはミサンガのような腕輪・メモ帳・ストラップ

自転車などに付ける反射材(思いっきり小ちゃい)から一つ

または二つ。反射材一個じゃなぁ、何だか気が引けてストラップ

と一緒とか、男性にはメモ帳とか少しは考えながら手渡した。

ストラップはこちらのような感じの物。メンバーで手作りしている。

画像


ビーズのストラップ、あらぁ、少し豪勢になったじゃんと友人と言ってたのね。

よく見たら、これは、震災で一時市内に避難してきた広野町の方々が

お礼にと贈って下さった物のようで、感謝の言葉が添えられていた。

(広野町の皆さん、かえってお気遣い頂いて恐縮です)

我が会は予算が減ったらしいので大した景品は作れないみたいなのね~。(^_^.)

次回は幼稚園での交通安全指導のお手伝いだ。

来月初めなのでお天気がねぇ、雨降らないで欲し~い。

ロンドンに向けて

ロンドンオリンピックの選考を兼ねた日本陸上選手権を

2日続けてテレビで観戦した。代表になった方々おめでとう!


土曜は雨が降ってて気の毒やったぁ。でも皆さん精一杯頑張ってらした。

チト、他人様の魂胆が見えてしまった鬱陶しい私の目に

各選手の競う姿が爽やかで、お陰さまで気が晴れたぁ。

で、100m走でイケメン発見。 ほぉ、運動神経抜群であのルックス

だったらもてるやろうな。 我が孫も(男)彼のような爽やかな青年に

成長しますように。

女子でも素敵な選手がいて、特に声=話し方が可愛い人が多かった

という印象を持つ。我が孫(三歳・女)、とっても声が可愛いのだ。

二人とも何かに夢中で努力する人間になって欲しいなと、孫とかぶって

ばかりの感想で婆馬鹿もイイトコだ。 陸上競技を見た感想に

なっとらんのね。 (^_^.)

競技はともかくとして、解説でやたらA標準・B標準という言葉が出され

耳について邪魔だったかなぁ。 二段階参加標準記録とか言って

過去二年間の成績で決められちゃうものらしい。

オリンピックや世界選手権などではA標準が多数いる国からは三人まで

AクラスがいなくてB標準記録を持つ選手がいる国はBから一人出場できる

という規定だそうな。 確かにね、国によってレベルが違うものね。

皆並んで「よ~い、ドン」とはいかなくなってるのね。

何にせよ少しずつ日本のレベルは上がってきているので、本番のロンドン

では頑張ってもらって成果が出せるように祈るばかり。。








弾けるかなぁぁぁ~

ここのところ、このメロディーが浮かんで仕方がない。

題名を度忘れしたんで大体の見当をつけてCDを聞きまくった。

そうそう、マリエッタ。 むしょうに弾きたい。けど、インテンポで

弾けないだろうな。


田部井氏は外国の演奏家より少しゆっくりめに弾かれてるが


それでも今の私じゃぁ同じテンポじゃ無理だと思われる。


ましてや動画に載せられるほどの腕やないし、ここは

お手本たる田部井辰雄さんの演奏をお楽しみあれ~。

橋が見たいんだってぇ

金山には三時間いる予定が、随分と早く見終わってしまい

さて、この後どうするかを検討した。

殿はよくTVで見る萬代橋を見たいと言う。何で~?

新潟の町が写ると必ず出てくる橋なんだってさ。

信濃川の河口も見たいんだそうで、じゃぁ新潟港に

戻ろうということになった。

佐渡は沖縄と同じで鉄道が無い。バスは縦横に路線があるが

本数は余りなく船の時間にも縛られるので金山からはタクシーで

相川に戻る。11時15分のバスで両津港へ。船の時間まで一時間

あるのでお昼を取ることにした。

13時20分発のジェットフォイル(高速船)で新潟港へ。駅行きのバスに乗り

柳大橋のそばで下車する。

柳都大橋を渡り(橋の上までエレベーター付きよ)左岸のほとりを

歩いて萬代橋へ。由緒ある橋らしいが詳しいことは知りまへ~ん。

橋を渡り終えて徒歩20分くらいで新潟駅へ到着。 もう歩きとうなかっ。

大宮で新幹線を降りてからはお決まりのラッシュに揉まれて帰宅した。

はぁ~一気にアップして長くなってしまい申し訳ないです。

佐渡金山へ

明け方、ふくらはぎが攣って飛び起きたせいか眠い。

8時56分のバスで金山までは10分程、貸切状態のためか

途中の御料の建物やら裁判所・奉行所などを通ると運転手

さんが速度を落としてガイドしてくれた。

昨日はほとんど町の中を走り、佐渡の何となく暗目のイメージを

払拭されたのだが、さすがに金鉱脈のある金山は山の中だ。

画像


写真のように各作業を人形を使って分かりやすくしているの

だが、この人形が顔を上げたりして動くのだ。

暗い中でなので一瞬ギョッとする。孫が見たら怖がるだろうな。

画像


深さ800mまでほとんど手作業で掘り湧水との戦いだったことが

伺い知れる。 寒い、気温10度だって。持ってきたベストは鞄の中

そのかばんはロッカーの中じゃ~。(^_^.)


画像


関ヶ原の翌年に開山、道遊の割れ戸は山頂を真っ二つに割った

採掘跡だそうだ。  21年後に佐渡小判が作られたんだって。

画像


始めは近隣の民家の二男や三男が高賃金で雇われたとか、江戸時代には

囚人が命の保証をされず労働させられたのは周知のことだ。

徳川時代が最盛期で金の生産量は41トンとか。平成元年まで続き

全生産量は78トン。銀は2000トンちょっとだそうな。まだ採れるようだが

採算が合わないんだって。展示室で12キロの金塊を触ってきた。重い。

明治以降の坑道にはレールの跡が残されていた。ちなみに全長は3㌔、

南北の幅600m。 



朱鷺に会う

会うというかお姿を拝見してきた。

ケージに入れられた朱鷺を観察回廊から見るスタイルで双眼鏡が

置かれている。ケージは幾つもあり こんなに何十羽もいるとは意外だった。

画像


結構飛んだりしているので一羽に絞って観察、飛び待ち。

画像


     やったlぁ、飛んだ!

画像


日本最後の朱鷺のキンさん、石碑まで作られていた。

画像


昨日、話題の朱鷺の雛が巣立ち、田んぼで親と一緒に餌を

ついばむ姿を放映していた。 明け方か夕方が食事タイムだろうから

地元の人以外は見るのが難しそうだけれど、もう少し後に来れば良かった

かしらねぇ。

帰りはもちろん歩きで40分はかかったかな。

とんびが舞い降りてくれて 「羽が欲しいやろ~、飛びたいやろ~」

画像


バスの車窓から「加茂湖」 このあたりの景色好きだなぁ。

画像


両津港に戻って相川方面のバスに一時間揺られ(揺れるんよ)お宿へ。

夕日が綺麗。 露天風呂からも見えた。

画像




    

はぁ~佐渡へ~とぉ

なびいちゃう、佐渡は。 親切な人に出会った街。

新潟から高速船で約一時間。新鮮なお刺身定食のランチを取り

バスに15分ほど乗り「行谷」下車、朱鷺の森保護センターに向かう。

降りる際に方向はどっちかを尋ねたところ、分かれ道で降ろして下さる

と言う。有り難い。 案内によれば徒歩25分とか30分とあったんで覚悟

はしてたのね。運転手さんの好意で300mほど得しちゃった。感謝。

周囲は田んぼばかりでのどかな風景の中、ちんたらテクテク。

分岐点にぶつかりや~ん、どっち?

そばに停車していた車の方に道を尋ねたら「乗って行きなさい」と。

ウッヒョ~、その親切に驚きながら甘えさせて頂く。何でも東京に

妻子がいて故郷の佐渡と東京を行ったり来たりとのこと。

保護センターの中まで送って下った。感謝、感激アメアラレ!

普段の旅ではこうした場面に出くわした時や旅館の人用にチョッと

した小物(東京にしかないシールとか気張らない物)を持参するのだが

今回は一泊だし~、何も持っていなかった。ごめんなさいです。

旅先の親切、ラッキーなハプニングって訪れた場所のイメージにも

係わってくる。  本当にお世話になりました。

あら、ほんの入り口で長くなりそう。  続く~。


運動会見てただけなのに

孫(新一年生)の初運動会を初見物。可愛かった、孫、頑張った!

都内のせいか校庭が狭い。よって保護者は張られたロープぎわで立ち見。

校庭の隅になら敷物やら簡易のイスを置いてもOKだったけど。

ダンスとかけっこ、玉入れが一年生のプログラムだった。

かけっこは校庭を斜め一直線に走るそうで、娘はゴールで

写真を撮りたいと言うがどっち側がゴールか分からない。

で、婆ちゃん社交術を発揮して、優しそう~な(&手の空いてる)

先生に「恐れ入りますがぁ~」と声をかけて聞きだした。

反対側にいたので校庭半周を移動してゴールへ。

昼食タイムは学校から5分ほどの娘宅に戻った。

まぁ、電車とバスを乗り継いで行ったのだが、そう歩いては

いないし立ったり座ったりしただけなんよ。

それなのに帰宅して足の指は攣るし今朝は筋肉痛だし

何とも情けなやぁぁ。明日から一泊で出かけるのになぁ。


皆さんのブログへの訪問が遅れますが悪しからずでございまする。

母の日の後始末

母の日の定番であるカーネーション。

年に寄って流行というか売る側の工夫というものが

あるようだ。

娘たちが子供の頃にはカーネーションの花束だった。

いつしか可愛らしい籠の中の、オアシスというスポンジの

ような物に刺してコーディネートされた「プレゼント」要素の

強い物に変わっていく。

今年はなぁんと簡易ポットの中に土が入っていて、植えられた

花が籠に入っている代物が届いた。     ↓こんな風に。

画像


もう一つはポットカーネーションのプリティローズとアカネという種類の

物を貰った。

いやぁ、土も根も付いてるのを、花が枯れかかってるとは言え

ポイと捨てる気にはならず、不得意な園芸にとりかかるハメとなる。

手持ちの鉢にそれぞれ植え替えたのだが、レースラベンダーは危うし。

アカネちゃんは移してからも一つだけ花を咲かせてくれている。

ちゃんと種類の名札が付いていたのにこれだけ無くて名前が分からない。

      ご存じでしたら教えてたも~。

画像


真ん中から新しい葉っぱがニョキッと顔を出しているんで無事のよう。

あぁ~、気持ちのこもってるプレゼントだから枯らさないようにと気ぃ

使うわん。

来年からは土付きは断りたいんだけどぉ、傷つけないようにうまく伝えられる

かしらねぇ。。。。(殿はお小遣いの方がイイて言えって・・・言えるわけないじゃん!)

金環食見えた!

今朝は日食メガネを持ち近くの土手まで出向いた。

も~ちろん、金環日食を見るためにだ。

7時10分に見上げた時には予報通りに雲が多い。

ただ、土手についてからは雲の切れ間から三日月に

なっているのが見える。 ほっ、メガネ無駄にならずにすんだわさ。

7時半過ぎには雲がどいてくれて、はっきりとリングを見られた。

見つめるなと注意されていてもツイ見続けたくなるので

用心はしたが、今朝の曇り空は目には良かったかも~。

暗いニュースばかりの日本に何か良いことがあると良いな。


さぁて、これから市役所で開かれる「交通安全母の会」の

通常総会に昼まで出席し、午後は、おギターがあるし気ぜわしい

一日の始まりとなる。(皆さんのブログ訪問は遅れますんで

給水停止の真っただ中に

埼玉県行田市の浄水場から基準値の二倍以上の

ホルムアルデヒドが検出されて給水停止となり、千葉県

野田市、柏市、流山市など他の地域も給水停止となった。

我が家は大丈夫だったのでご心配なく~。

ただ、定期的に通っているオプセラピーに予約を入れて

いたので、昨日は断水している真っただ中の野田市まで

出かけることになった。

オプセラピーについてはhttp://op-shiroha.com/


お見舞いにこっちで500ミリリットルの水のボトルを二本下げて

エッチラオッチラ重かったけどぅ。

いつも、到着した梅郷駅のトイレを利用していたが、当然使用

禁止。 駅前のコンビニもしかり。

幸にも先生のお宅は井戸水が利用できるとかで、拝借できた。

イイネ、井戸水って。東北の震災もあったし東京湾直下型やら

富士山の断層発見やら、災害がグンと身近になってるこの時節

井戸水ってもっと見直されると良いかも。ライフラインは一つ以上

ある方がより安心できるよね。

帰路、乗り換えの柏駅の高島屋と直結するステーションモールでは

トイレも利用でき、通路にある飲食店も営業していたのはさすが!

東日本大震災の、都内にいた人の話では、デパートに行くと水も

食糧もトイレも最低限は確保されるわよということだったけど

本当だなぁ。


片やJR構内ではトイレは使えていたようだが喫茶店は休業してた。

夜のニュースでは給水に並ぶ行列と水用のポリ缶・飲料水売り切れの

様子が放映されていたが、日ごろの備えが大切だと改めて実感!

今朝からはほとんどの地域で給水が始まったようだ。



初めまして、しじゅうからです

昨日は朝から軽い偏頭痛。急に暑くなるとついてけない。

友人とのお茶は彼女の体調も今一だったせいもあって

チグハグ&30分足らずでバイバイですっきりせず~。

夜は夜とて殿がブチ切れそうになりぃの、ま、こんな日も

あるさって一日だった。

ただ、このところツッピツッピという鳴き声の鳥が出没してて

なぁんだろうなぁと探究心をくすぐっていたのだが、その姿を

やっと捉えることができた。

      しじゅうから(今朝、Webで調べた結果ね)

画像


     ふふふ、カメラ目線になっとる

画像


画像


     頭の上から失礼、パチッ。

画像


彼女だか彼氏だか分からんけど、カメラ構えて撮って

姿を追った写真を見てると「ちょびっとカラ」の心が満たされて

くる。 しじゅからだなんてどういう風に名づけられたのでしょ。

お名前、変えてあげたくなった。

今月のシャンソン

シャンソン・カンツオーネ講座での今月の歌は

シャルル・アズナブールの「悲しみのヴェニス」

アズナブール氏は1924年5月22日生まれだそうで今なお

現役で歌ってるそうだ。ご立派。

私たちは日本語で。ゴンドラの揺れるように・・・せつなく。


心の声 <恋する感覚なんて忘れちまった。そのことの

       方がよっぽど切ないかも~ (^_^.)>


訳 矢田部 道一         記載するのは一番だけにしとく。


悲しいヴェニス 二人の愛が 水の流れに消えた街よ


忘れようと 試みても 思い出させる月の光


悲しいヴェニス 胸にしみる 一人で聴くあの舟歌


消えた恋を 追いかけても 虚しさだけが広がる


無事だったね、サヤサヤ

買い物の途中で毎年見るこの花。

確かマメ科の花だよなぁ、何の豆だっけと思い出そうと

するが思い出せない。でも、とっても優しい色合いの花で

好きだなぁ。花の形も可愛いし野菜の花もイイもんだわ。

画像


昨日、実がなっているのかよりも雹や強風にやられて

いないか気になって寄ってみた。

んまぁ、無事どころかしっかと実がなってる。天晴れじゃ。

さやえんどうだったんだぁ。

画像


久々のランチで笑い転げた

以前、体操教室でご一緒だったお二人と「ランチしようね」と

言いつつ中々実現しなかった。

やっと今日、会えて言いだしっぺの責任果たせたわ~。

と~っても楽しく会話が弾んで、楽しかった。

どうってことない話題なのよ。

自転車に乗ってて知り合いに会い、ハァイって手を振った

直後に電柱に激突したとか、まだ、小さいお子さんがいる

Nさんが「内職ないですかぁ」って聞いてきて私とKさんが

昔に励んだ色んな内職経験を披露したり、60代、50代

40代の世代なんて全然意識しないでペチャクチャ、ペチャクチャ。

お天気は悪かったけど気分は晴れ晴れ~。

やっぱ女性はお喋りが一番のストレス解消になるのだぁ。

一週間ごには親友とのティータイムを予定してるので、今から

楽しみ!


竜巻があんなに怖いなんて

昨日の強風は半端でなく凄かった。

桜の枝が(そこそこ太い)折れんばかりに揺らされて

座っているソファーを通してゴーゴーと風の衝撃が

お尻に伝わってくる。

雷に雨、それに雹も降った。

夕方のニュースで筑波の被害を見て驚いた。

今までは強風でも、ここは鉄筋の建物なのでやられないと

勝手に思っていたので怖さは無かったが、エッ、マンションでも

窓ガラスを破って吹き荒れられたら被害甚大になるのだと・・・

強風、空が暗くなる、雷、雨、ひょうなどの現象が起きたら

今度からは窓のそばに寄らないようにしなければ。

竜巻の被害にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げます。




靖国神社~大手町まで

私の足は幅と長さのバランスが悪く、しかも両足の

大きさも微妙に違うので長く歩くと右足がいつも痛くなる。

内堀通りは緩やかな坂なのだけど、いつも通りに右の

つま先が痛んできた。 休み、休みと言ってもせっかくの

ベンチも雨に濡れていて座れない。なので結構きつかったなぁ。

 で、やっとこさ靖国神社に到着。茶店でコーヒータイム。

ガイドブックによれば元は政府が戊辰戦争で没した政府軍側の

兵士を慰霊するために設けた招魂社だそうな。現在はペリー

来航以降、第二次世界大戦までの戦没者約250万人が祭られている。

画像


歴代の首相が参拝することが取沙汰されるが、

純粋な気持ちで戦没された方々の冥福を祈った。

敷地内にある軍事博物館である遊就館に入る。

思い出したくない方もおられるだろけど・・ゼロ戦。

操縦席の狭いことったら。 怖かったろうなぁ。

画像


大砲。砲身にある穴は(黒く見える)攻撃された銃弾の跡。

画像


裏手から正面に出た。 大鳥居。

画像


靖国通りを九段下に向かいまたまたお堀に沿って大手町を目指す。

途中 麹町税務署がある合同庁舎のソファーで休憩。

平川門 大奥があった時代には罪人やご遺体を搬出した門。

画像


カルガモが大通りを渡ることで有名になった三井ビルの手前に

気象庁があった。

笑み 「寄ってこっ。昼間は雨降らないって予報はずれたじゃん」

三井ビルの角を曲がって平将門塚に寄る。初めて見た。

ここを移動させようとすると必ず事故があり、将門の祟りと

恐れられているが、伊達騒動の際に藩主を殺そうとした原田

甲斐らが切腹させられた酒井雅楽頭(うたのかみ)の屋敷跡

でもあるから、将門さん一人の祟りではなさそう~。

さすがに塚を撮るのは憚られたんで碑だけにした。

画像


休憩も入れて約4時間、1万8千歩の大散歩とあいなった。









皇居一周ガイド

5月1日、皇居のお堀に沿って一周ウォーキングに行った。

東京駅に着いて早お昼を済ませいざ出発。

     大手門から時計回りで。

画像


     櫓(巽櫓だったか・・ガイド失格やわぁ)

画像


     ご存じ東京駅。

画像


   おっ、東京タワーがビルとビルの間に。

画像


   ♪久しぶりに手を取って~  二重橋

画像


   警視庁。二つの建物の間は渡り廊下で
   繋がってる。横からだと良くみえるんだけどぉ。

画像


ここまで30分も歩いていないのに突然の雨。降らない予報だった
から出かけてきたのにね。 小走りで桜田門手前の門に。しばし
雨宿り~。

   こちらが桜田門。

画像


お堀の向こうに国会議事堂が見えてきた。

画像


警視庁の玄関。「あのう特命係はどちらに?」 なんちってぇ。

画像


国会議事堂~。信号が時差式なので車が写り

こまずに済む。

画像



三宅坂を上がると半蔵門に。このあたりの濠は半蔵濠。

上がりながら左手道路沿いにイギリス大使館や最高裁判所が

見える。お堀の向こうは吹上御所か・・・

画像


チョイと脱線して靖国神社へ寄り道ーー続くーー。

映画 マーガレットサッチャー 鉄の女の涙

昨日、急遽思い立ち前から観たいと思っていた映画

「マーガレットサッチャー 鉄の女の涙」を観に行く。

画像


目当てはメリルストリープの演技。サッチャー女史の生き方にも

関心はあったが今回はその点に注目せずにいて正解だった。

2008年にサッチャーの娘さんから認知症にかかっていると情報

公開があったせいか、ストーリーの半分くらいは年老いた元首相の

呆けたんだか正常なんだかという場面で占められていたのだ。

その日常生活から、若いころ、議員になった頃、ご主人との結婚の

いきさつ、思わぬ首相の座と、苦渋の決断を下す主だったできごと

などが本人の回想として場面展開していく。

サッチャー氏は2025年生まれ。現在86歳。 市長を務めた父親の

影響を強く受け家訓であるところの「質実剛健」「自己責任・自助

努力」の精神を受け継ぎ、国政においても理念として貫いた。

在位11年。確かに凄い女性だと分かる。また良くも悪くもブレが

無く、鉄の女と呼ばれるように強烈なリーダーシップを発揮した。

ただ、亡くなった夫の幻影と会話し、家庭生活の幸せだった頃の

ビデオを見て懐かしんでウルッとしている場面などは普通の老女で

あぁ、ご主人とは愛し愛される関係だったんだなぁと感じた。

また、人生の終盤には洋の東西も、どういう地位にいたのかも

無関係に、その人なりの生き方について自分の中でどういう風に

結論づけるか・・う~ん、うまく言えないがどう折り合いをつけて

平穏な気持ちを保っていくのか・・・何だか年のせいかそんなことを

考えながら帰宅した。