あたふた、カラオケ♪

まぁ、めっずらしく~、殿がカラオケに誘ってきたぁ。 飛んでる娘2のことで二人とも何かとストレス溜まりつつ あったので「ストレス解消に大声だそうぜぇ」ってさ。 近くのカラオケ店、前は一人でもちょくちょく行ってたが ここ数年はご無沙汰で会員証も失くしちまった。 何やかんやの手続き後、部屋に入り飲み物を頼む段に なってビックリ!今は専用リモコンでオーダー番号やら 数やらを入力して頼むのね~。歌う時の画面にそれらが 出て決定ボタン押すと厨房に飛んでくみたい。 ハァ? 説明書ばっかり見て画面を見てなかったんで数量2と 入力するとコーラの「8」と「2」で結果「82」となってカシス ジュースになっちまう。イライラ。 ストレス解消に来たんじゃ ないんかい。やっと画面を見てやり方の間違いに気づいて 注文完了。歌う時間よりアタフタしてた方が多かった? 次回からはドリンクバーにするぞ。クゥゥゥ。^^;

人気者のトリオ

落語教育委員会と称してお三人組んで地方へ 出向き一席喋って落語を広めておられる。 営業努力はご立派で、中々チケットが買えない ほどにまで人気者なんだって。 柳家喜多八・三遊亭歌武蔵・柳家喬太郎さん。 歌武蔵さんは数年前から寄席でよく聞いた師匠で 「ただ今の取り組みについて・・」と相撲の審査員の 真似を必ずご披露してた。落語界のキョンキョンと あだ名される喬太郎さんと学習院出の「殿下」喜多八さ んは教育委員会を通じて去年だったか初めて知った。 高座終了後、お約束のCD販売でお買いあげてオマケ で貰ったDVDが面白かった。タイトルの下に三人の 写真が載っているのだが肖像権がどうなのか分からん のでタイトルのみで。
画像

やっと捕まえた!

野鳥には詳しく無いんだけれど、家の周りに 随分と野鳥が来るようになって興味深々だ。 今の季節、ピヨピヨなんだかピルピルなんだか 喋っているような鳴き声のヒヨドリ(?)が目につく。
画像
こっち向いて~!やったぁ。
画像
私の気配ですぐに逃げちゃうから素早くカシャッ。
画像
昼近くに「ギャーギャー」と鳴く声で見上げたらどうも 尾長らしき鳥のシルエットを見たような。ほとんど冬に は見かけないのだけどまだいるのかしら?尾長も 撮りたい!!

楽しみが増えましたん

夕べの浅田真央ちゃん、素晴らしかった! フィギュアスケートは滑れないけど見るのは大好きで 渡辺絵美さん、伊藤みどりさん時代からテレビで見ていた。 真央ちゃんが休養してから他の選手に活気が無いように 感じて残念だったしテレビ観戦から少し遠のき結果を見るだけ になってたんで、久々にドキドキしながらテレビの前に座った。  いやぁ、戻ってきましたねぇ、しかも素晴らしい滑りと結果で。 2018年に平昌で予定されている冬季オリンピックに期待して しまうけど・・・あまりフィーバーして重圧になってもね・・・

与太郎が生きやすい世間

落語でおなじみ与太郎さん 落語の世界では与太郎を取り巻く町内の人々が優しい。 お女郎遊びの仲間に一応は誘うし(錦の袈裟)、常識知らず をフォローする(牛褒め)、お上から賜った褒美のお金で商売 できるように工夫する(孝行糖)などなど・・・・ 少々知恵不足、常識知らず、口を開けてポーッと空を見上げ てる与太さんを丸ごと受け止め普通に接するし、おかみさん までいるもんね、素晴らしい!物は無いけど心が豊かって いうかゆ~ったりした世界が好きだから落語好きなのかも。 それに比べて近ごろはどうよ!たまたまどうこうで気に 入らない、そんな程度でいじめたり殺したりが多いんじゃないの? 愚痴るしか能の無い自分も今の世間も嘆かわしい限り。。。。

どちらのガラか・・別ものか・・

よく見かける小鳥。 雀くらいの大きさでチチッと 鳴いてるように聞こえる。 10年以上前に初めて見かけていつも同じ場所、 たぶん同じ個体だったようだ。 いつの間にやら増えたようでグループで見かける こともある。 こがら? はしぶとがら? それとも全然違うお名前かしらぁ。
画像
画像

追記

あまりにも身近でコロッと忘れてた。 日曜、5時半から日本テレビで「笑点」やってました。 歌丸さん、司会復帰でめでたい、めでたい。 笑点 コチラ

日曜日はテレビ寄席

お正月以外はテレビで寄席番組をほとんどしなくなりました。 唯一、千葉テレビで日曜の18時5分から「浅草お茶の間寄席」と いう番組が見られる。 浅草演芸ホールでの高座から2~3人の 落語または漫才を放映するというもの。 この番組の良い所は演題が分かること。 前回は鈴々舎馬風さんの「禁酒番屋」他。 あらすじを書くと長くなるので省略です。 馬風さんの落語をじっくり聞いたのは初めてだ。寄席では二度ほど 世間話だけの高座だったんで。この世間話で結構笑わせてくれる。 ゆる~い雰囲気ってんですか、ご本人がリラックスしている風体なので こちらもリラックスして聞けるところが好き。 馬風さん、本日1日にもあります。入船亭扇遊さん、三遊亭 歌奴さん(山の穴々の師匠ではなく)らも出演でぇす。

宮廷ドラマ

中国の「宮廷の諍い女」にはまって久しい。女優さんらが美しく衣装も綺麗。 皇后、側室らの諍いはそりゃぁ激しく恐ろしいくらいだが、ストーリーに伏線が 上手く張られていて良くできてて面白かった。 今、BSで「宮廷の泪・山河の恋」というドラマが放映されているが、諍い女には 及ばないし(つまらなくは無いが)もうすぐ終わってしまう。 中国では諍い女の主演女優スン・リーを主役に歴史物をやってる(終わってるのかな) らしい。  日本でも放映してくれないかしら。 切なる願い~。

あくまでドラマだから

昨日の宮廷の泪の最終回。なぁんと陛下が出家しちゃって~ 驚いた。 実在の帝、順治帝のことなのでまさか出家とはなぁぁ。24才で天然痘に かかって急逝したので亡くなってはいない、出家して生きているという 説が後世流れたようではあるが。 実在の人がたくさん出る韓国の歴史ドラマの方も、結構、史実から はずれてお話作っちゃってるとこ多いみたいね。 まぁ、日本でも某局の大河ドラマでありえないシーンたくさん見てる。 ドラマだから仕方ないし、どうでもエエよ~ん。

明日が最終回~

ブログでは無いですわよん。ヘヘッッ。 患ってる間は絶不調でPCにも向かえず、ひたすらテレビ鑑賞するばかり。 で、はまりました 中国の宮廷ドラマ「宮廷の諍い女」に。もう終わっちゃ ったけど。   その流れで最初から見続けているのが「宮廷の泪」 こちらも明日が最終回。 後宮は日本でいえば大奥と同じかな。男子を生めば権力が得られるため 妊婦さんは狙われるし、愛を独り占めしようものなら色々と陰謀がしかけ られてきて怖~っ! 二つのドラマとも伏線が上手に張られていて、ツイツイ先が気になり見ちゃう。 韓流ドラマ ヨン様フィーバーの時には「何それ?」って思ってた自分が嘘の ようだ。       

ホッカホカ

殿が一泊でお留守~。ウレピ! で、今夜は一人ご飯だし何にしよっかと考えてた時に ブログに来て下さるGARISさんの記事を思い出した。 豆腐グラタン。 GARISUさんの記事は  こちら 子供たちがいる頃、グラタンを食べない殿がいない夕食に度々 グラタンやラザニアを作っていたが、二人暮らしになってからはトンとご無沙汰。 食器棚の奥をゴソゴソとグラタン皿を探すことから作業開始。 ホワイトソースとミートソースに豆腐がどう絡んでくるのかワクワクするぅ。 でも、これで量は足りるかなぁ、ご飯よりパンの方が合うよなぁ。 食パン焼く手間はぶきと、お皿一枚で済ませる為にパンを入れてみることにした。
画像
   ブロッコリーも脇に入れてパンの上にもミートソースがけ。
画像
   焼き上がり~。夕べの残りのヒレカツ二個とトマトでお腹いっぱいになった。
画像
今回、久々に缶入りのホワイトソースを店で探したら見つからないわん。 どうしっよかと売り場を探し見つけたのがこれ。 1人分のこぶくろが三個入っている。丁度一袋使用でイイ塩梅だった。
画像
お豆腐グラタン、ミートソースがあっさりした味になって ヘルシーだし食べたあとは体がホッカホカでしたよ。 ご馳走様でした。 (GARISさん、情報有難うさんね)

三丁目の夕日~鎌倉物語

待ってました!西岸良平氏のコミック「鎌倉物語」 29巻目。 年に一度の刊行なのでもう29年も読み続けていることに。
画像
西岸良平さんと言えばあの集客率の高かった映画「オールウェイズ 三丁目の夕日」の作者さんだ。 三丁目の夕日(夕焼けの詩)も一巻から読んでいて30巻以上も 集まったのだがしまう場所に窮して手放してしまった。 映画になったことは西岸ファンとしては嬉しかったが原作と映画に 出る人たちとのイメージの違いが自分の中ではありすぎたので見なかった。 この「鎌倉物語」は作家とその奥さんが主人公で、奇妙な事件の解決 めざして警察に協力したり、日常で奇怪な出来事に出会うという話だ。 怪盗ルパンや天狗や魔物・妖怪らが出てきてミステリーとは言っても楽しく 読める。また、ほのぼの感のある絵が読んでいてホッとさせてくれる。 犯人や被害者などその時だけ登場する人の名前には笑っちゃう。 (例:蚤野新三 壁野花子・・etc) 三丁目の夕日が映画化された時の宣伝に作者が出てくるかと思われたが お顔は見られなかった。安易にマスコミに登場しない所もイイな。 (漫画賞の授賞式での写真は西岸良平と検索すると見られるが。) 他にも色々と作品はあり、「ポーラーレディ」や「たんぽぽさんの詩」を 愛読しているが新作は無いようなのが残念。 さて、また来年の発刊が楽しみだわ~ん。