弾けるかなぁぁぁ~

ここのところ、このメロディーが浮かんで仕方がない。 題名を度忘れしたんで大体の見当をつけてCDを聞きまくった。 そうそう、マリエッタ。 むしょうに弾きたい。けど、インテンポで 弾けないだろうな。 田部井氏は外国の演奏家より少しゆっくりめに弾かれてるが それでも今の私じゃぁ同じテンポじゃ無理だと思われる。 ましてや動画に載せられるほどの腕やないし、ここは お手本たる田部井辰雄さんの演奏をお楽しみあれ~。

今月のシャンソン

シャンソン・カンツオーネ講座での今月の歌は シャルル・アズナブールの「悲しみのヴェニス」 アズナブール氏は1924年5月22日生まれだそうで今なお 現役で歌ってるそうだ。ご立派。 私たちは日本語で。ゴンドラの揺れるように・・・せつなく。 心の声 <恋する感覚なんて忘れちまった。そのことの        方がよっぽど切ないかも~ (^_^.)> 訳 矢田部 道一         記載するのは一番だけにしとく。 悲しいヴェニス 二人の愛が 水の流れに消えた街よ 忘れようと 試みても 思い出させる月の光 悲しいヴェニス 胸にしみる 一人で聴くあの舟歌 消えた恋を 追いかけても 虚しさだけが広がる

シャンソンとカンツォーネ

学生時代からコーラス部で、母になってもコーラスは続けていた。 ギターを始めてからは草鞋は一足にして・・・ 3年ほど前かな、やっぱり歌いたくてカルチャー講座にカンツォーネを   習いに行く。色々あってやめてからは他の講座を受けたりして・・ 去年の4月から「初めてのシャンソン・カンツォーネ」 という今の講座に入り、本当に初めてのシャンソンに出会った。 カンツォーネはイタリアの歌謡曲って感じ。明るく朗々と歌えば雰囲気が 出る曲が多いかな?もちろん、そうでないのもあるけれど。 シャンソンはフランスの歌謡曲という感じ。 一年やってみてどう違うのか大まかな感想を。 例えば  さくら さくら やよいの空に♪ という歌を カンツォーネだと桜の大木をイメージして朗々と歌えばイイかな。 シャンソンだと さくら 綺麗な美しい さくら 見て見て咲いたのよ やよいの 美しく晴れた青い青い 空に ってな具合に歌詞も音符も細かいのが多くて、しかも語るように! とか感情移入とかが難しい~のだ。 声もコーラスのような裏声では面白くないんだって分かってきた。 地声では長い時間歌えないので、地声を鍛えるっていうか 何と言うのか「ミックスボイス」って呼ばれるらしいのだが この発声は個人的に習わないと難しそう。 物事、難しいほど奥が深そうだし飽きっぽい私には丁度良い 勉強の場と思って踏ん張ってみようかな。

シャンソンライブ 東中野カフェ・ド・リヨンへ

カルチャーセンターの講師である岩元ガン子先生が 定期的に出演されているというので、お仲間と一緒に 聞きに行った。  実はシャンソンって良く知らないのだ。よってライブなるもの も初体験。 プログラムなんぞが無かったもので口頭で紹介されたお名前の 漢字が分からなくて・・・出演者の方々すみませ~ん。                   Ⅰ部 ○浦ひろみ   (敬称略)パリの空の下  声質もお顔も綺麗 ○山崎すみ子  題名覚えてない・・・すみません 一生懸命さが伝わった ○早川ゆき   群像・アコーディオン弾き 独特な声質 IT業界にお勤めとか ○宗方けい子 お話が面白くて何を歌われたか・・・下手な落語家よりよっぽど           笑わせて頂いた。 ○岩元ガン子 王様のポルカ  軽快なテンポ・絶妙な芝居心・滑舌の良さ           別れの中に   講座で習っている難しいカンツーネ                      さすが師匠!うまい!           愛はるかに   とにかく低音の魅力・声量も情感も豊か           他 ピアフの元恋人が作った歌。                   Ⅱ部 ○浦ひろみ  冬の庭 ○山崎すみ子 哀しみのソレアード・人生は美しい ○早川ゆき  ドミノ(講座でこれも習いたてでお手本にと真剣に聞いた)          人生は過ぎゆく・ムッシュラムール    ○宗方けい子 商売やめた 他 お若い頃の声も聞きたかったと思う ○岩元ガン子 ひなげしのように・私の兵隊さん・忘却・鏡の中の妻(?) いやぁ、楽しいステージでライブとしても丁度良い広さかな? ピアノ伴奏もベース奏者もお上手で息が合っていたし、とても良かった。 歌い手の皆さんの表情がとっても素敵だったのね。私もあんな風に人前で 歌えたらなぁって憧れる。でも、シャンソンって難しい!というのが実感で たぶん一生かかっても到達しないだろうなぁぁ。 雨でしかもチト遠かったけれど行って良かったなぁ。

聖夜 きよしこの夜

フト思いついたお遊びをユーチューブに載せて、さらに ブログにアップすることに挑戦!一人三役で大活躍?(^_^.) ギター伴奏   笑み ソプラノ     笑み   まぁ、年々声は低くなって元々は                 メゾ音域なのでソプラノだなんて言えないが。 アルト      笑み   今や低い音域が楽ちん。 できは今一ですがドキドキものの初チャレンジなので 笑って聞いてたもれ~。